太陽光発電はやめたほうがよい?後悔やデメリットは?

クローバーを持つ女性の絵コラム
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

こんにちは、sakuraです。

sakuraの家は後付けで太陽光発電を設置してあります。

設置しようと思い立ったとき、家が築10年弱だったので迷わず設置を決めました。

※築年数と設備の設置の関係は、家の状態や家主の考えで異なると思いますので何とも言えないところです。

さて、sakuraの家の屋根の向きはしっかり南を向いてるわけじゃないので、設置業者のシュミレーションの段階で微妙な試算でした。

「試算」と書いてますが、設置した当時の考えは、太陽光発電=(イコール)自給自足ではなく「副業」みたいに思ってたということです。

最近の傾向では、SDGs的に環境への配慮の考えで設置する人もいるかと思います(^^)

 

スポンサーリンク

太陽光発電で自給自足はできる⁈メリットとデメリットを考えてみた

 

単純に考えて、太陽光発電で家の電力を自給自足しようと思う場合は、太陽は夜に出ないので、蓄電池設備が必要になります。

太陽が出てるときの発電の余剰電力を蓄電池に貯めておき、夜に使うことができるというわけですね。

最近では、蓄電池を設置せずに電気自動車を蓄電池の代わりに使うような考えがあります。

ちなみに、sakuraの家が太陽光発電を設置したときは、太陽光発電でまかなえなかった電力は電力会社から買うという考えしかなかった気がします。

リーズナブルな蓄電池は今のように無かったと思われますし、設置業者に提案もされませんでした。

電気自動車に関しては高額なわりにわずかしか走行できないというイメージで、蓄電池の代わりになるなんて思ってもみなかったです。

でも、今のところはまだ非常時の電力という考えかと思います。

というのは、一般家庭の場合、夏のエアコンでがっつりと夜間に電力を使うとなると、朝に車を使おうとしたらバッテリー残量がゼロだったとかになりそうな気がするから・・・。

事業規模のソーラーパネルを設置してるなら話は違ってきますが(^^)

太陽光発電で自給自足するメリットは電力会社から電気を買うことが無くなるか少なくなるかです。

デメリットは、普通に電力会社から電気を買うのと設備投資とを天秤にかけた場合に何年で元が取れるかです。

元が取れるかどうかは、家電量販店のような仲介をするところでも出してもらえるので、興味がある人は聞くだけでも聞いてみることをおすすめします。

 

太陽光発電で不労所得や副業みたいにお金を稼ぐ⁈

 

一般家庭で太陽光発電をお金を稼ぐために設置するという考えの場合は、設置業者に出してもらったシュミレーションの展望が明るいものだとしても、設置費用は決して安くないので悩ましいところ。

また、投資として安定した会社の株を買うのと違って、太陽光発電の設備投資は、投資をした段階で元手は全て消えてるということ。

それを考えると、設置業者のシュミレーションを信用してればほぼほぼ問題ないかもしれないとしても、清水の舞台から飛び降りる感じではあります。

sakuraは、地震や台風で一番心配なことはsakuraの家の屋根にあるソーラーパネルである、といっても過言ではないですから(^^)

太陽光発電を不労所得や副業みたいな考えでいた場合、元手として出した設置費用などは忘れる必要があります。

sakuraの場合は、銀行に振り込まれる金額のトータルでは未だに設置費用の全てを回収できてないので、設置費用の全てを回収できて初めて黒字という考えではダメダメです。

でも、日々、太陽が出てる間の電気使用量はたいていが太陽光発電でまかなってるので、それを考慮すると「銀行に振り込まれる金額」以上の働きをしてくれてるのは明白です。

大きくみると回収できてるのかな?と思いつつ、もうすぐ電力会社の買い取り金額が大幅ダウンする年になるのであまり喜んでいられないです。

というわけで、電力会社が納得の金額で買い取ってくれてる間は不労所得や副業みたいな感覚でいれますが、思う金額で買ってくれなくなったら単なる自給自足でしかないのかなぁ、と思います。

sakuraの家は蓄電池を設置してないので、電力会社が納得の金額で買い取ってくれなくなったら、蓄電池を設置するか電気自動車を設置するかをするつもりでいます。

どちらにしても、また、元手を回収できるかの試算をすることになります(^^)

 

関連記事:セミリタイア必要資金を助ける太陽光発電が落雷で停止。貯金が激減するシナリオを覚悟したミニマリスト

タイトルとURLをコピーしました