セミリタイア必要資金を助ける太陽光発電が落雷で停止。貯金が激減するシナリオを覚悟したミニマリスト

クローバーを持つ女性の絵副業関係
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

 

こんにちはsakuraです。

 

小さい我が家の屋根には太陽光発電のパネルが載ってて、セミリタイアミニマリストのsakuraの気持ち的な収入になってます。

 

「気持ち的な収入」との表現は、設置費用を発電で未だ回収できてないからです(>_<)

 

sakuraは太陽光発電を不労所得の副業みたいに思ってます。

 

今回はそんな太陽光発電のトラブルについて書こうと思います。

 

スポンサーリンク

太陽光発電が落雷で停止した状況

 

2021年7月12日の15時くらい。

 

家でコーヒーを飲みながら本を読んでいると急に滝のような雨が降り、集中して10秒おきくらいな間隔でこれまで体験したことがないような雷の音。

 

雷は、「光の後すぐに音がすると近くに落雷」とのことらしいです。

 

落雷は屋外の出来事なのに家の中でも身の危険を感じるくらいの雷の光と音が数回あり、光と同時くらいに音がして首をすくめた瞬間、エアコンが停止。

 

屋外の雷雨の騒音に反して家中がシーンと静まり何だか不吉な雰囲気に。

 

家中を確認するとブレーカーが1つも落ちてなくて冷蔵庫も通電してるのにエアコンだけが止まるという不思議な被害で、ふと太陽光発電が気になりリビングのモニターを見ると発電がゼロでした。

 

昼間に天候が悪くなっても発電が全くのゼロ状態のモニターは見たことがなかったのです。

 

小さな我が家の小さな屋根に設置して10年くらいの太陽光発電は、これまで故障などありませんでした。

 

太陽光発電が落雷で停止。調べると「直撃雷」とか「誘導雷」とか。

 

モニターが10分経っても20分経ってもゼロのままなので、ネットで「太陽光発電」「雷」と検索。

 

太陽光パネルに雷が直撃する「直撃雷」と近くに落雷したことで影響を受ける「誘導雷」があるとのこと。

 

どちらにしても、落雷で部品が壊れると発電が出来なくなり売電が出来なくなってしまうとのことです。

 

設置費用が発電で回収できていない太陽光発電ですが、毎月の銀行振込みが悠々自適なリタイア気分にしてくれていただけに、一気に現実へ逆戻りを想像しました。

 

太陽光発電が落雷で停止したけど仕組みがわからないから電話で聞いて復旧

 

太陽光の設備メーカーに電話しようとすると、無料のフリーダイヤルが家電話からだけで、携帯やスマホからは有料とあったので、フリーダイヤルでかけれる代理店に電話しました。

 

担当者から折り返し電話をもらえるとのことで少し待機。

 

その間、再びネットで調べると、最悪な結果を想像させるものがほとんどで、高額な修理代を想定してしまい頭が真っ白です。

 

下の画像はsakuraの家の太陽光発電のブレーカーの画像です。

 

太陽光発電のブレーカーの画像

 

担当者さんの指示は以下の作業でした。

 

①ブレーカーが落ちてない場合は、ブレーカー横の「テスト」ボタンを押します。

 

すると、ブレーカーがオフになります。

 

②オフになったら、普通にブレーカーをオンにして10分くらい待って発電が復活したらOK。

 

これで治らない場合は、見てみないとわからないとのことでした。

 

*落雷による太陽光発電の停止はいろんなケースがあると思うので、あれこれと素人操作をする前に必ず購入したところに問い合わせすることをおすすめします。

 

我が家の太陽光発電は、担当者さんの指示に従い、上記の①②で無事に復旧しました。

 

ものだらけのミニマリストのブログのまとめ&太陽光発電の投資のデメリットを今更悩んで後悔かも

 

桜と青空の画像

 

世の中は株などの投資ブームのようで、今となっては株と似たような考えで当時設置したつもりの太陽光発電は、投資した機材が株や車のように売却することができないのが難点です。

 

sakuraはセミリタイアの必要資金を十分に貯めずに会社を辞めましたので、それを助ける太陽光発電が落雷で停止したことは結構キツかった。

 

ちなみに発電量はそんなに良くなくて、発電で補って月々の電気代が5000円くらいになり、銀行に振り込みされる売電収入も5000円くらい。

 

というわけで、このブログを書きながら気づきましたが、sakura家は太陽光発電を導入して月々の電気代がゼロという程度です。

 

儲(もう)かっていると言えば儲かってるのかなぁ?という感じです。

 

これから太陽光発電を自宅に導入する考えの人は、シュミレーションをしっかりすることをおすすめします。

 

株って、株価が下がっても会社が倒産しない限りは配当金が入るのかsakuraは知りませんが、太陽光発電は導入した時点で株で言う元本は消えてますし、屋根にガッチリと設置された太陽光発電のパネルなどの機材は車のように手軽に売却できませんし。

 

壊れて追加費用となったら目も当てられません。

 

今回の落雷のように冷や冷やする「物」を持つと、物をミニマル(最小限)にしか持たないミニマリストは正解かもと再確認させられました。

タイトルとURLをコピーしました