Sitting is new smokingの意味は、「座りすぎは喫煙と同じかそれ以上に病気になるリスクが高い」

健康
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

僕のセミリタイア(早期退職)後の生活は、ブログを書いたり、テレビを飽きるまで観て過ごしたり、ぼーっと庭を眺めてたり。

仕事をするために強制的に外出してたのが、仕事を辞めてどこにも行かないとこんな感じ。

出不精の僕は、日がな一日、ほぼほぼ座った生活です(^^)

今回は、そんな「日がな一日、ほぼほぼ座った生活」というのが体に悪いと聞いたので、どう悪いのかを調べてみました。

「Sitting is new smoking (シッティング イズ ニュー スモーキング)」と言うそうです。

スポンサーリンク

sitting is new smokingとは

2002年に、座りっぱなしの生活スタイルを注意喚起する「Sedentary death syndrome (セデンタリー デス シンドローム)」が唱えられ、約10年後の2012年に同様の注意喚起で「Sitting is new smoking (シッティング イズ ニュー スモーキング)」が広く言われたとのことです。

喫煙が体に害があるということは誰もが知ってることですが、座りっぱなしが悪いとは聞いたことがありませんでした。

誰がどう考えても、せいぜい運動不足を心配するくらいなものです。

僕は医者ではないので健康被害に突っ込んで言及できませんが、コロナ禍で座りっぱなしの人が増えたはずですので、自宅から出ないテレワークの人などは、特に座りっぱなしには注意したほうが良いかも。

この「Sitting is new smoking (シッティング イズ ニュー スモーキング)」は、世界中の「知ってる人は知っている」科学的な根拠のある情報だと思いますので気を付けたいものですね。

まさにSitting is new smoking(シッティング イズ ニュー スモーキング)な毎日だったこと

僕の場合は、会社をセミリタイア(早期退職)してからブログを始め、パソコンの前で1日を過ごすことが多くなりました。

ブログを書いて、ネット通販サイトを見て食事やおやつを食べる。

または、先述したようにテレビを観て過ごしたり庭を眺めて過したり・・・。

※庭といっても、ちょっとした家庭菜園や花などを植えた小さな庭ですが。

自宅から出ないテレワークの人などはこれが仕事に代わるだけで、僕と似たような繰り返しではないでしょうか。

そうしていると、僕の場合は、会社を辞めてわずか2年くらいで約10kg増えました。

長年これがベスト体重だと思っていたところから約10kgも増えて、現在はそれをキープしています。

タバコを吸っていないので、それでも自分では健康だと思ってます。

僕が会社を辞めてセミリタイアした後にコロナ禍になったわけですが、それにより散歩はあまりしなくなり、外出といえば、家→車→スーパーマーケット→車→家です。

そのスーパーマーケットの店内がコストコのように広くて1日居ても飽きないようなら良い運動になると思いますが、小さなスーパーマーケットでは全く疲れないで帰宅することがしばしば。

そうなってくるとウエスト周りが運動不足を知らせてくれるようになりました。

小説家の桜木紫乃(さくらぎ しの)さんの家の仕事机

ある日、小説家の桜木紫乃さんの仕事部屋をテレビで拝見しました。

『ホテルローヤル』という小説が映画化された桜木紫乃さんが出演されていて、仕事部屋が取材されていたのです。

パソコンが置かれた仕事机が、なんと「立ち仕様」。

立った状態でパソコンに向かってタイピングができる高さの机です。

座って向かうパソコンが置かれたイスのある机もありましたが、普段こうやって仕事してます、と言われたのが「立ち仕様」の机でした。

パソコンは座ってするものと思っていたのでびっくりしました。

桜木紫乃さんを知らない人がいるかもしれないので、簡単に紹介すると・・・。

数々の文学賞を受賞されている、とても有名な小説家さんです。

■『ホテルローヤル』で第149回直木賞受賞

■1965年4月19日生まれ

■北海道在住

ちなみに2020年11月13日公開の『ホテルローヤル』は、NHKの2015年下半期放送の連続テレビ小説『あさが来た』でご存知の人も多い、人気俳優の波瑠(はる)さんが主演です。

あとがき

正直なところ、桜木紫乃さんの仕事スタイルを見たときは「こんな机もあるのか、欲しいなぁ」程度だったのですが「Sitting is new smoking (シッティング イズ ニュー スモーキング)」を知って、簡易的ではありますが机をすぐに「立ち仕様」にしました。

テレビを観るときは座ってますが、ブログを書くときは立って書くようにしたというわけです。

キャンプで使用するコールマンのミニテーブルを机の上に置いて、簡易的に「立ち仕様」の机が完成しました。

そのミニテーブルにノートパソコンを置いて書いてます。

この「立ち仕様」が板についてきたら改めて机を買いたいと思いますが、立ったままでいると先ず気付くのが、じっとしていないこと。

座ってパソコンに向かっていると、せいぜい首を回したり、腕だけで背伸びしてみたりなものです。

しかし、いざ立ってみると、アキレス腱を伸ばす、腰を回してみる、屈伸してみる、片足立ちしてみる、野球もゴルフもやらないのに素振りしてる、みたいな(^^)

とにかく、ひとつの姿勢(棒立ち)が苦痛です。

集中してタイピングしているとじっとしているんですが、文字が思い浮かばないと何かしら動いてます。

動くのはいいことだと思うので、僕は「立ち仕様」をしばらく続けたいと思います。