《家計消費状況調査》に協力してた。謝礼のクオカードをゲットする

クローバーを持つ女性の絵副業関係
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

 

こんにちは、sakuraです。

 

今回は、ミニマリストと全然関係ない話題です(>_<)

 

sakuraは今年、《家計消費状況調査》というのに協力しているのですが、それに協力してたことを今回も忘れそうでした。

 

毎月5日までにポストへ投函、又はネットで回答・・・。

 

月1回のことなんて、いつまで経っても習慣になりませんね(^^)

 

タイトルの《家計消費状況調査》ですが、協力依頼のハガキやパンフレット入りの封筒が前触れなく我が家に来たのか、担当者から突然電話がかかってきたのか、半年以上も前のことなのですっかり忘れてしまいました。

 

スポンサーリンク

《家計消費状況調査》とは

 

そもそも《家計消費状況調査》とは何?

 

そう思う人がほとんどだと思うので、以下、《家計消費状況調査》に関するパンフレットにあった文章の引用です。

 

我が国の経済全体の動向をみる上で、国内総生産(GDP)の統計は、最も基本的な指標となっています。

GDPの約6割を占める個人消費については、主に「家計調査」の結果が利用されています。
しかし、購入頻度が少ない高額な商品やサービスの支出については、ブレが大きくなる傾向があるため、「家計調査」と連携して個人消費の動向をより的確に把握し、GDP統計の精度向上を図ることなどを目的として『家計消費状況調査』を実施しています。

引用元:総務省統計局の《家計消費状況調査》のパンフレット

 

《家計消費状況調査》は誰に来る?対象者は?

 

この調査協力依頼は誰に来るのかというと・・・。

 

全国を約50世帯ごとの地域に区切り、その中から3000の調査地域が選ばれます。

さらに、選ばれた調査地域ごとに、地域内に居住している世帯の中から10世帯が選ばれ、合計30000世帯が選定されます。

調査世帯の選定は、一定の統計上の抽出方法に基づいて行っています。

引用元:総務省統計局の《家計消費状況調査》のパンフレット

 

《家計消費状況調査》は具体的に何をするの?

 

この《家計消費状況調査》は具体的に何をするのかですが、調査員さんが持参した家計消費状況調査の調査票というものに記入してポスト投函、又はネット回答をします。

 

先ずは、調査開始月に調査票Aというのを書きました。

 

それ以降は、調査票Bの記入となり、調査票Aで記入した世帯の人数とかに変更はないか?という前月からの変更を、変更の有る無しなどで答えます。

 

そして、前月の商品やサービスの購入状況として、用紙に記載された各項目に金額を記入。

 

最後に、前月のネットを利用した商品やサービスの購入金額を記入。

 

購入が無ければ無いでOK。

 

やることは何も難しくないですが、約1年もの間、記入した調査票を毎月の初めに忘れずにポストへ投函するかネットで報告しなければならないのが面倒といえば面倒です。

 

今回協力してるsakuraはもちろん真面目に協力してますが、その調査票に記入してポスト投函、又はネット回答するだけでいくらかのQUOカードがもらえるのでやってます。

 

半年以上続けてる今の感想を正直に言うと、1年もの間、心のどこかに留めておかねばならない割にはわずか数千円分のQUOカードしかもらえないので、暇な人じゃないと続かない気がしないでもないです。

 

そうは言っても、基本的には購入したものやサブスクで毎月支払うものの名目と金額を記入し、計算して合計するだけなのでやることはめちゃくちゃ簡単だと思います。

 

この《家計消費状況調査》は、前月のことを翌月の5日までに投函、又はネットで報告で、『一般社団法人 新情報センター 家計消費状況調査実施本部』というところから、「総務省統計局「家計消費状況調査」ご協力のお礼」という提出を促すハガキが月初に届きます。

 

なので、忘れにくいと思うのですが、ハガキが来てから思い出すsakuraのような人は、来たハガキを放置すると忘れてしまうかも(>_<)

 

窓際の画像

 

sakuraはこのブログ記事を書いてる時点で残る3ヶ月です。

 

12月分を1月5日までに、1月分を2月5日までに、2月分を3月5日までにポスト投函をしたら今回のsakuraの協力は完了となります。

 

日ごろからスマホやパソコンのネット環境でアンケートを答えてポイントをゲットしたり、懸賞の応募が大好きな人には最適かも(^^)

 

来年の協力依頼は誰のところに行くかわからないので、このブログ記事が誰かの参考になればれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました