電子レンジが無い生活

家電紹介&家電情報など
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

電子レンジが無い生活。

我が家の電子レンジが以前に2度故障したときの備忘録です(^^)

スポンサーリンク

電子レンジが故障した

我が家にある電子レンジですが、本体の横に貼られた製品番号等の表示シールを見ると2018年製です。

僕は家電を買ったら、製品のどこかに購入日を必ず書くようにしてますが、電子レンジはそのシールのすぐ下に「2019年1月」と書いてました(^^)

家にあるこの電子レンジは、2021年になってから2度の故障をしました。

別にハードな使用をしてるわけじゃなくて、主に普段のお茶やコーヒーの温め、肉や冷凍食品の解凍くらい。

ちなみに、1度目の故障の際、購入した家電量販店に持ち込んだら、電子レンジは自宅対応と言われました。

自宅対応とは、直接メーカーのコールセンターに電話又はネットの問い合わせをしてメーカーの担当者に家に来てもらうか、購入店に電話してメーカーに連絡してもらい、折り返しメーカーから電話してもらうということみたい。

重い電子レンジを車に積んで家電量販店に持参したのにあっさり帰らされたのでした。

家電は何でも購入店に持ち込んで修理の完了を待つという考えでいましたが、よく考えてみたら、冷蔵庫や洗濯機を担(かつ)いで持ち込む人はいないと思うので、電子レンジは僕的に大きさが微妙でしたが、それらと同じ扱いの大型家電の部類だったようです。

2度目の故障の際は、家に来た修理担当者の判断で数日の修理預かりとなりました。

この時は、故障が判明してすぐに家電量販店に電話をし、メーカーに折り返しの電話をもらう感じにしました。

1度目はメーカー担当者による自宅での簡単な分解修理、2度目は1度目の修理がちゃんと修理できてたのかどうかなどの因果関係を考慮して持ち帰りの修理をしてくれました。

ちなみに、1度目の故障箇所は温度を感知するセンサーで、2度目は基板とセンサーの間の線が原因だったとのこと。

なので、2度目の故障の際は預かり修理ということで、電子レンジが無い生活を数日送りました。

特に困ることはなかったですが、牛乳が飲みたくなったときにいつもなら電子レンジでチンするところを小さな鍋で温めたので、何かすごく新鮮な感覚でした。

僕が子供の頃から電子レンジはあったと思いますので、家に電子レンジが有る無しを特に気にしたこともなかったし、昭和などが舞台のドラマや映画で観るようなラジオやテレビが家に来た日を喜ぶようなことをした記憶もありません。

電子レンジでチンするのが当たり前になってるものを、わざわざ火を使って温めるという新鮮さが良かったです。

米を炊飯器で炊くんじゃなくて、土鍋や飯ごうで作るみたいな感じ?

温め方が違うだけで牛乳の味がいつもと違ってたような・・・。

もちろん美味しい方で(^^)