買い物のときに「ムーアの法則」を意識するとミニマリストの近道かも?!

節約
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

個人的に前から気になってた「ムーアの法則」という言葉。

一時期、言葉だけはよく聞いてましたが、意味不明のまま放置してたのを言葉だけ思い出したので今回は調べました。

「ムーアの法則」という言葉のムーアとは、インテル社の創業者のひとりのゴードン・ムーアさんのこと。

ここから僕もいまいち理解できない難解な言葉が続きますが、しばらく読み流して下さい(^^)

スポンサーリンク

「ムーアの法則」とは?言葉の由来と要約&まとめ

「ムーアの法則」という言葉の由来はというと、アメリカの計算機科学者のカーバー・アンドレス・ミードさんとリン・コンウェイさんの共著、『Introduction to VLSI systems』という本にあるようです。

『Introduction to VLSI systems』は、1979年に出版され、日本語版は1981年に『超LSIシステム入門』として出版された。

これを書いてるのが2022年なので何と今から約40年前に出版された本です。

さて、「ムーアの法則」という言葉は、その本の中で初めて使った言葉らしく、ムーアさんご本人が名付け親でないのは確かなようです。

その「ムーアの法則」とは、そのゴードン・ムーアさんが1965年に発表した論文にあったとされる、大規模集積回路(LSI)の将来的な予測のこと。

集積回路上のトランジスタ数は「18ヶ月ごとに倍になる」という考え。

コンピュータ関係の技術的な進歩は社会の成長に複雑にかかわっているいうことで、言葉がひとり歩きして使用されているみたい。

要するに、コンピューター関係の進化は社会の発展ということですね。

「ムーアの法則」をミニマリスト的思考に応用して欲しい物を先延ばしにする

誰の近くにも最先端の物を持っている人がいるはずです。

何年か毎に必ず新車を購入する人や最新のスマホを持っている人。

そういう人たちをうらやましがるときりがありません。

例えば、僕が小学生のときを思い出した場合、クラスの皆が欲しがる筆記具を持っている人や、家に遊びに行けば新しいおもちゃを持っている人がいました。

子供の頃も大人になってからも、僕は似たり寄ったりの心境で、小遣いが少なかったのと給料が少なかったのとでしっかり比例してます(T^T)

そこでこの「ムーアの法則」の出番で、「18ヶ月ごとに倍になる」という言葉の解釈の応用です。

「18ヶ月ごとに倍になる」ということは・・・。

18ヶ月(1年半)後には何らかの変化が見て取れる、という解釈になります。

例えば、現時点で最新のスマホも18ヶ月もすれば新機種に押されてカタログのラインナップにギリ載ってる感じかもしれません。

今買わないと困る物や今買わないと絶対に後悔する物を買うのは個人の自由ですが、待っても苦にならない物は気長に18ヶ月くらい待ってみると新しい物に出会うかもしれん。

それくらい待ってる間に目的の物を買う気が無くなれば物が増えませんので、どんどんミニマリストに近づく可能性があります。

そういうわけで、「ムーアの法則」を気にしてるとミニマリストへの道は近いかもしれません。

ただこれは、演劇やコンサートのような芸術関係に応用できるか不明ですし、絶対に必要な物には当てはまらないと思いますので、時と場合という解釈をおすすめします(^^)