人気のそば小諸七兵衛の口コミ。小諸七兵衛と戸隠の名店との違いをブログでレビュー

食べ物紹介&作り方など
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

小諸七兵衛はスーパーで購入できる乾めんのそばで、芸能人のマツコデラックスさんのテレビ番組で紹介され一躍有名になりました。

テレビ番組で紹介されたのが2018年のことですが、発売自体はなんと2006年までさかのぼります。

このロングセラーぶりは発売当時からそば好きの間で根強いファンがいたと思われます。

製造は、長野県の小諸市にある『信州ほしの株式会社』です。

商品の表側には、「信州田舎そば 小諸七兵衛 つゆがらみの良い もみ切り打ち」とあり、裏側には「本品は田舎造りの太切りそば。もみ切り打ちの麺は、ほぐれやすくつゆがらみがよく、みずみずしさが長持ちします。」と書かれてます。

スポンサーリンク

僕が感じた名店のそばと小諸七兵衛との違い

今回、日本三大そばの一つである戸隠(とがくし)そばの名店に食べに行くことがあり、そこで小諸七兵衛人気の理由を考えてみました。

※日本三大そば:岩手県のわんこそば、島根県の出雲そば、長野県の戸隠そば

さて、観光で戸隠に行った際、名店と言われてるそば屋の前を車で通り過ぎるときに駐車場が奇跡的に1つ空いていたので入ったのでした。

事前に調べてたところでは、その名店は、駐車場は常に満車でお店の前には行列、そして無くなり次第終了という、並ぶのが嫌いな僕を受け付けない要素がしっかり揃ったお店だったのです。

県外ナンバーの外車や国産高級車が並ぶ駐車場の1台分だけ空いた場所に場違いなボロ車をとめて、店先で名前を書いて店外で約30分待ってから入店しました。

注文は、せっかくだからと調子に乗って、そば大盛り、季節の天ぷら、そばがきを注文・・・。

名店の店名と食レポは割愛させていただきますが、普段目にすることのないそばがきは、わざわざ食べに行く価値ありと思いました。

さてさて、その名店で食事が運ばれてくるまでの間、食べている間に小諸七兵衛人気について考えたのです。

身近な麺類の名店と言えばラーメン屋があります。

気負わずに行ける距離や値段でリピーターになる人も多いラーメン屋ですが、決まって言うのがスープであり、麺です。

その意味で言うそば屋の名店とは、実は、そばの良し悪しの前にざるそばなら「つゆ」、温そばならラーメン同様に「スープ」(おつゆ)が重要だと思います。

ちなみにそば屋の名店で出てくるそば湯は、そのまま飲んでも残ったつゆに足して飲んでも美味しい。

ラーメン屋の名店とそば屋の名店に共通するのは、つゆ(スープ)も自信があるということ。

名店と言えども、ざるそばのそばをそのまま味見すると、単なる味無しそばでしかありませんでした。

通の人はつゆに浸けていないそばを食べたら「香りが・・・」とか言うのでしょうが、僕は凡人中の凡人なので、そんな気がする程度でした。

ラーメン屋で麺だけを食べようと思うと替え玉のときですが、替え玉をいつも頼むという人でもスープに浸けてない麺だけを口にするということ自体がほぼ無いと思います。

だからテレビで小諸七兵衛を観て購入した人がするべきことは何かというと、自分好みのつゆを見つけること。

名店で食べるそばとの違いは、自分好みのつゆを自分で見つける必要があるのだと思いました。

「つゆがらみの良さ」を先ず評価される小諸七兵衛を食べるなら、常備品としていつも家にあるようなめんつゆではなくて「つゆ」も奮発すると小諸七兵衛の実力を知ることができると思った次第です(^^)

小諸七兵衛におすすめのそばつゆ

小諸七兵衛に出会う前は400gで100円くらいの乾めんのそばしか買わなかった僕ですが、テレビで観て小諸七兵衛を即買いしました。

でも、そのときは常備品の万能めんつゆで食べたので、安い乾めんとの違いとして、食べるときにそばとそばとがくっつきにくいことやそば自体の質感が高級っぽいなどの感想・・・。

今回、僕の懐具合とかけ離れたそば屋の名店の会計の後、家族が言った言葉は、「小諸七兵衛をいつもと違うつゆを買って食べたらどうなるだろう」と。

そばつゆはたくさんの種類があり、人によって好みがあるはずなので一概には言えませんが、僕の現在のおすすめのそばつゆは、『ヤマモリ株式会社』の「そのまま そばつゆ」です。

スーパーに行けばそばつゆの種類はたくさんあるので、これから小諸七兵衛に合うそばつゆのさらなる開拓を楽しみたいと思います(^^)

冬に食べる小諸七兵衛。初めて温そば(温かいそば)で食べた

ざるそばで食べる目的で夏にたくさん購入した小諸七兵衛があったので、冬に初めて温かくして食べました。

普段はうどんを食べることが多い我が家ですが、そばは小諸七兵衛に出会ってからずっと小諸七兵衛です。

世間様が美味しいと太鼓判を押してるので、たまにしか食べないそばは小諸七兵衛に決めたのでした。

それと、著名な人が絶賛してるとお高いイメージなのに、値段が1袋数百円と手頃であるというのも理由です。

昨年の夏にスーパーで数袋を購入した小諸七兵衛(^^)

僕はそばを食べるなら迷わず「ざるそば」なのですが、冬のざるそばは家族に反対されました(ToT)

これまでの僕が「温そば」で唯一食べてた年越しそばは、スーパーで1袋1人前入り数十円の「ゆでそば」です。

例年、その「ゆでそば」を茹でずにレンチンしてお碗に入れ、事前に作った具入りの熱々スープをその上にかけて出来上がり。

年越しそばは、茹でてお湯切りするとかの時間をかけるイメージが無いです。

そんなわけで、小諸七兵衛は年越しとは関係なく食べました。

乾麺である小諸七兵衛は、僕的には勝手にざるそばのイメージがありましたが、温そばにしても美味しかったです。

僕は、購入時にすでに茹でてある「ゆでそば」は柔らかすぎと思ってたので、乾麺を茹でる小諸七兵衛はスープの中でしっかり感があるので、購入時にすでに茹でてある「ゆでそば」と比較して小諸七兵衛の方が好きです。

追記:マツコの知らない世界放送当時の小諸七兵衛は終売?

過去の2018年放送時の小諸七兵衛は終売しています。

現在は、その当時よりそば粉の割合を増してさらにパワーアップした「新・信州田舎そば小諸七兵衛」が発売中ですので、2018年の放送時以来食べてない人がいたらおすすめです!