軽い服と重い服

設定関係
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

会社をセミリタイア(早期退職)後にしたこと。

 

そのひとつに、服の処分があります。

 

服の処分をするにあたり、今や世界中にファンがいる近藤麻理恵(こんまり)さんの考え方を参考に、「ときめき」を基準に残したり処分したりしました。

 

この「ときめき」を基準にするという考えはとても素晴らしいです。

 

しかし、僕は、その考えを素直に受け入れるのではなく自分の考えを加えるといういつもの悪いクセが出てしまいました。

 

それは何かと言うと、重い服は「ときめき」を感じていても処分してしまったこと。

 

例えば、若い時に買ったお気に入りの革ジャンに対してめちゃくちゃ「ときめき」を感じてたのに、今後は年齢を更に重ねて体力がなくなるから軽いジャケットにしようと思って処分してしまったのです。

 

年を取ると動くのが億劫になり、特に冬の外出では重い服を着たくなくなるのは僕だけでしょうか?

 

結果、冬の外出で着るのはめちゃくちゃ軽いダウンになりました。

 

冬の肌着に関しては、従来は綿素材のものを数枚重ね着して防いでいたのに対し、今は発熱素材の1枚で済むことになりました。

 

というわけで、ここ最近特に感じるのが、「体力の低下」です。

 

あくまでも個人的な見解ですが、散歩やジョギングを普段からしない僕のような者にとって、軽い服が体力低下につながっている一因ではないかと思ったのです。

 

運動を好む人にとっては、軽い服装でのジョギングなどの方がテンションが上がると思います。

 

でも、出不精の僕のような者にとっては、服を軽くすればするほど体力を必要としなくなります。

 

なので、重い服が体力維持につながるかも?という考えに至ったわけです(^^)

 

スポンサーリンク

『巨人の星』というアニメで見た養成ギブス

 

重い服が体力維持につながるかも?と考えてたらアニメで観た『巨人の星』を思い出しました。

 

『巨人の星』というアニメは、今の若い人の多くは知らないかもしれませんが、漫画では1960年代から1970年代に『週間少年マガジン』で連載されてたようです。

 

漫画として読んだことがなくても、テレビアニメとして観たという人も多いのではないでしょうか?

 

その中で主人公が体を鍛えるために出てきた器具が養成ギブス。

 

服ではないですが、僕は先ずこれを思い出したのでした(^^)

 

正式名称は「大リーグボール養成ギブス」というそうです。

 

着るエキスパンダーと言わんばかりに、バネ状のエキスパンダーを巧みに取り付けたような装具で、少しの動きにも力が必要になる代物です。

 

当然のことですが、これの目的はその器具を外した時に真価を発揮するもので、それを付けずに運動するよりも効率よく体を鍛えれるというものです。

 

そこでもうひとつ思い出したのが、漫画の『ドラゴンボール』に出てきた亀仙人です。

 

『ドラゴンボール』に出てきた亀仙人が強くてかっこいい理由のひとつは背負ってる亀の甲羅のせい?

 

誰もが漫画やアニメなどで知っている『ドラゴンボール』。

 

亀仙人とは、そこに出てくる武術の達人の老人で、サングラスにアロハシャツを着て、背中に亀の甲羅を背負っています。

 

この亀仙人の技のひとつ「かめはめ波」は、一時期、知らない子供はいないくらいでした。

 

この亀仙人が背負ってた甲羅の重さが、20kgから40kgくらいの設定だったようです。

 

※初期が20kg、後期が40kgとのこと。

 

漫画やアニメで見ていると体と一体化してるように軽々と背負っているように描かれて重さを感じさせない甲羅ですが、亀仙人が日々の生活で常にウエイトトレーニングをしているという設定です。

 

漫画の中の話ですから、現実的に20kgを常に背負う生活は想像しにくい。

 

僕はスーパーで買う10kgのお米を車に積むだけでも大変ですし。

 

そんな重さの甲羅を何気に背負う亀仙人はかっこいいと思えてきます。

 

その日々のウエイトトレーニングで思い出したのが登山家の三浦雄一郎さんです。

 

三浦雄一郎さんがトレーニングで取り入れているウエイトトレーニング

 

エベレスト登山で有名な三浦雄一郎さん。

 

たくさんの著書がありますが、その中に『歩けば歩くほど人は若返る』(2012年:小学館)という本があります。

 

この『歩けば歩くほど人は若返る』の中で、ウェイトトレーニングのことが書かれています。

 

本が発売された当時に読んだときは、僕はまだ体力に自信があったので、三浦さんは凄いなぁと思った程度でした。

 

それが、いつの間にか体力維持の難しさに直面して、何か良い方法は無いものかと考えていたところ、この本を思い出したのでした。

 

僕は散歩もジョギングも特にしませんが、ここ最近、家にいる間中、足首に500gのアンクルウェイトを付けています。

 

そのアンクルウェイトは100円ショップで買ったもので、外出中に外れる恐れがあるため屋外使用はしていませんが、そのうち散歩でも外れそうにないアンクルウェイトを購入して屋外デビューしたいと思ってます。

 

ちなみに、個人的な感想ですが、わずか500gのウェイトでも朝から晩まで付けていると、外した後は亀仙人が甲羅をおろしたような気分です。

 

興味のある人は、軽いものから始めることをおすすめします。

 

軽い服と重い服 あとがき

 

ウェイトを付けているのは重い服を着るのと同じ、重い服を着るのはウェイトを付けているのと同じではないかという結論です。

 

昔は冬に着る服で軽い素材は少なく、何かにつけて綿入りで肩がこるようなものばかりだった気がします。

 

今では、それも体力維持に一役買っていたと思わずにはおれません。

 

僕が見につけてる500gのウェイトなんて、『歩けば歩くほど人は若返る』に書いてあったものに比べると軽いものですが、「千里の道も一歩より」の考えで継続していきたいと思います。