「ニンジンしりしり」の作り方はめちゃくちゃ簡単だった

食べ物紹介&作り方など
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

今日は、ご飯のおかずにニンジンしりしりを作りました。

 

作り方は、繊切り(せんぎり)ができるスライサーがあればとても簡単です(^^)

 

このブログ記事を書くにあたり、「せんぎり」の文字変換が「繊切り」になるので「千切り」の間違いじゃないかと思って調べたら、正しくは「繊切り」で、「千切り」とも書く、とのことでした。

 

スポンサーリンク

ニンジンしりしりについて

 

さて、この「ニンジンしりしり」とは、沖縄の郷土料理のひとつのようです。

 

しりしりとは、沖縄の方言で「繊切り」とのこと。

 

朝の連続テレビ小説の『ちむどんどん』の食卓に出てるのを見てから、僕は既に4~5回作ってます。

 

「本当に?」と言われそうですが、僕は超簡単レシピが大好きなので本当です。

 

ゴーヤチャンプルとかもそのうち作りたいと思いますが、ニンジンしりしりのレシピが簡単過ぎたので何度も作ることになったのでした(^^)

 

我が家の冷蔵庫にニンジンがたいてい常備されてるということもあります。

 

ニンジンしりしりの作り方

 

ニンジンしりしりの作り方ですが、適当な大きさのニンジン1本を繊切りにして、しんなりするまでフライパンで炒めます。

 

僕がやってるレシピは、フライパンに油をひかずに炒め、しんなりしてきたら塩を少々加えて混ぜて火を止めます。

 

炒め終わったニンジンをボウルなどに移して粗熱をとります。

 

ニンジンを冷ましてる間に、そのニンジンと混ぜるものを作ります。

 

普通サイズのニンジン1本に対して、

 

●白だし大さじ×2

●みりん小さじ×1

●ごま油大さじ×1

●シークワーサー又はレモンを大さじ×1

 

これらを混ぜ合わせたものを、冷ましたニンジンにかけて、ボウル内で混ぜます。

 

冷蔵庫に入れて冷やしてから食べるのがおすすめです。

 

また、お好みですりごまをかけて食べるのも美味しいです。

 

ニンジンしりしりを作る際の注意点ですが、我が家の場合、レモン無し(シークワーサーももちろん無し)で食卓に出したら人気がなかったです。

 

レモン無しで出したニンジンしりしりに対して、人生で初めて食べるというのに「レモンを入れたら美味しいんじゃない?」と家族は言いました。

 

参考にしたレシピにあったものをケチったら、あっさり見破られた感じ。

 

レモンやシークワーサーといった酸っぱさは外せないようです(^^)

 

我が家は、冷蔵庫にレモンを常備してないので、瓶入りの『ポッカレモン100』という手軽なレモン汁をスーパーで買ってきました。

 

そして、レシピ通りにレモンを混ぜて出したら、ニンジン1本分じゃ足らない、と家族に言われました。

 

シークワーサーで食べてみたいと家族が言うので、スーパーで見つけたら買ってみたいと思います(^^)