トイレ掃除は永遠の悩み?専用洗剤を使わないおすすめのやり方を考えてみた

節約
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

トイレ掃除で専用洗剤を使わない方法を考えてみました(^^)

 

家で使う洗剤は、キッチンや風呂場やトイレなど、どの場所も市販の専用洗剤を使う人が多いと思います。

 

ドラッグストアに買いに行くと、専用洗剤がたくさんあるのでついつい専用を買ってしまいます。

 

僕も以前はそうでした。

 

製品のパッケージを見たらめちゃくちゃ効果がありそうな感じで、「これしかない!」と思っちゃいますから。

 

僕は、専用洗剤のCMを見てすぐに買ってたことがありましたが、「専用」という考えをやめてみると、気分すっきり、ストック品もすっきりしました。

 

スポンサーリンク

トイレ掃除で専用洗剤を使わなくなった理由

 

トイレ掃除はマメに掃除するのが一番なのですが、なかなかそうはいきません。

 

僕は気が向いたときしか掃除をしないのに、ある日、その「気が向いたとき」に専用洗剤が残り少ないことに気づいたのです。

 

買いに行ってる間にやる気が失せるのも嫌なので、その専用洗剤が残り少ない状態で始めました。

 

注意書きには、たいていの場合【混ぜるな危険】という文字があるので、専用洗剤を推奨される量よりもはるかに薄く使って掃除は何とか完了。

 

専用洗剤には、この【混ぜるな危険】というのが結構多いので、次からは掃除途中で切らしたりしないように、「今後はまとめ買いして備えよう!」と掃除を終えてからドラッグストアへ。

 

しかし、ドラッグストアへ向かう途中で、なぜか買う気持ちが無くなってしまったのです。

 

そして、次の「気が向いたとき」がある日突然やってきました。

 

もちろんトイレ専用の洗剤は切らしたままなので、代用品を家の中で探しました。

 

家の中にある洗剤を探しに探したのですが、専用はどれも専用な感じ。

 

なので、他の掃除に応用するのに勇気がいるというのに気づきました。

 

そんなわけで、僕はキッチンで使ってる食器洗い用洗剤を使うようになりました。

 

理由は、手に優しいはずだから(^^)

 

そして、今は、キッチンはもちろん、トイレ、風呂場、子供の靴洗い、何でもかんでも食器洗い用洗剤を使ってます。

※この場合の食器洗い用洗剤とはスポンジに適量を付けて食器を洗う洗剤であり、食器洗い機用の洗剤ではありませんのでご了承ください。

 

トイレ掃除のおすすめのやり方

 

今は何でも専用洗剤があるので、専用を使わないとダメな気がするときがあります。

 

僕は、それはそれで「あり」だと思いますので、僕のように食器洗い用洗剤をどこにでも使うというのは自己責任でお願いします(^^)

 

さて、トイレ掃除のおすすめのやり方ですが、食器洗い用洗剤が肌にやさしいといっても、トイレは手を直接突っ込みたくない掃除ですので、ビニール製の手袋をつけてからやります。

 

使うスポンジは、僕はキッチンで使わなくなったスポンジをトイレ掃除で使ってからゴミで捨てるようにしてます。

 

以下は、僕が実際におこなってる掃除手順だったりしますが、使用するもの全てが専用洗剤でないことなどでシミなどになる可能性がなきにしもあらずなので、何度も申し上げて恐縮ですが、自己責任でお願いします(^^)

 

①水をほんの少し染み込ませたトイレットペーパーで大まかな汚れを取ります。

トイレットペーパーは強く拭くとすぐにボロボロになるので、破れたら取り替えつつ、便座や便器の内側を適当に拭く感じで掃除します。

流すトイレットペーパーは、便器内に溜めすぎて流れなくなるようなことがないように、そうなる前に流します。

 

②台所用洗剤をスポンジにつけて便器の内側を掃除します。

洗剤による掃除が終わったらスポンジをトイレに流してしまわないように気をつけてください。

 

③便器のふちや内側の水が流れる辺りの上とかに洗剤がついて洗剤が流せない場合は、水を少し染み込ませたトイレットペーパーで拭いて洗剤を拭き取ります。

 

④除菌スプレーを少し染み込ませたトイレットペーパーや除菌ウエットティッシュなどで、便座や便器のふちを拭いて仕上げて終了です。

一般的な除菌ウェットティッシュはトイレに流せないと思うので、除菌スプレーをトイレットペーパーに染み込ませて使用するのがおすすめです。

 

トイレの便座などのおすすめな掃除のやり方

 

「自己責任」ばかり言ってすいませんが、やはり以下のやり方も自己責任でお願いします(^^)

 

我が家のトイレの便座の裏がいつの間にか黄ばんでて、何をやってもその黄ばみが落ちなかったのです。

 

そこで使ったのが茶渋などが取れる「メラミンスポンジ」というものです。

 

このメラミンスポンジも主にキッチン用品ですね。

 

メラミンスポンジというのは、そのスポンジに水を吸わせてから、キッチンの蛇口、湯飲みの内側にこびりついた茶渋をこするとササッと汚れが取れたりする便利グッズです。

 

このメラミンスポンジは、プラスチック製品に使うとキズがつくはずですので、ほとんどがプラスチック製である便座に使うとキズは免れないと思います。

 

しかし、何をやっても取れなかった我が家のトイレの便座裏の黄ばみに絶望したときに最終手段として使ってみたらあっさり取れちゃったのです。

 

ちなみに僕は、「トイレ掃除のおすすめのやり方」の③の後に、便器の内側を軽くメラミンスポンジでなでるように掃除してから④の工程をおこないます。

 

もちろん、メラミンスポンジはキッチン用として使わなくなった、捨てる直前のものです(^^)

※除菌スプレーなども使う物によってはシミになる恐れがありますので、自己責任でお願いします。

 

専用洗剤を使わないことでかなりの節約にもなってるので、僕はずっと食器洗い用洗剤を愛用する感じです。

 

関連記事:マイボトルの水筒の茶渋を弱アルカリ性の酸素系漂白剤の過炭酸ナトリウム(可炭酸ソーダ)でキレイにした