ミニマリストの家(家を建てる編:収納)

クローバーを持つ女性の絵家を建てる
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

こんにちは、sakuraです。

今回は収納のことです。

ミニマリストは物が少ないはずだから収納は必要無いよね?と言われそう(^^)

さて、持ち物が多いか少ないかは人それぞれです。

狭いは狭いなり、広いは広いなりに物の量が変化する気がします。

また、収納をたくさん備えた家を建てると、意識しないまでも収納スペースの分の物を増やして良いと思うみたいで、気がついたときには恐ろしい量の物が増えてることになりそうです。

だからと言って備え付けの収納をゼロにしてしまうと倉庫みたいになる可能性があるので、全く無いのは考えものです。

sakuraの場合、予算的に家を大きくすることができなかったので、おのずと収納が少ない家になりました。

というのは、居住スペースを多くとりたかったからです。

アパート暮らしでは収納スペースあまり気にしない人が多いのではないかと思いますが、アパートは結構考えられた「可もなく不可もなく」の大きさの収納があるので、家を建てる際の収納にあまり配慮しない人がいそう。

家を建てるとなると、部屋は収納スペース込みで1部屋であり、収納スペース込みで1つの家ということを身に染みて感じます。

例えば、部屋に大きいクローゼットを備えてる家をテレビとかで見たことがあると思いますが、そんな家はたいていお金持ちです。

土地面積が限られる中で家を建てると、限られた面積の中での間取りなわけですから、キッチンやリビングの大きさを決めたら全然スペースが残ってないということにもなりかねません。

すると、家は、2階建て、3階建てという具合に上にスペースを求めるようになります。

そんな予算オーバーを阻止できるのが収納を減らして居住スペースを確保するということなのです。

この「収納スペースを減らす」というのは、sakuraが実際にやったことなのですが(ToT)

日本は四季があるため、結局はある程度の持ち物は必要になるので、後でホームセンターとかで収納を買うだけの話になります。

sakuraが感じた必要最低限の収納は、玄関に靴箱、リビングなどに掃除機や季節家電を入れる収納、キッチンにパントリー。

ベッドを使う場合も、使わない場合も季節で必要になる布団のために押し入れは必要。

本棚やテレビ台を備え付けにすると、日当たりとかの関係で、その場所が気に入らなかったときにどうすることもできないので、備え付けたいならしっかり方角などを考えることをおすすめします。

収納を減らすと持ち物が全て見えるところにあるので、物を増やさないようになると思いきや、増える物は増えます。

物を増やしたくないと思ってる人は、収納を増やすよりも、自分の持ち物を常に把握してそれ相応の収納を用意し、それ以上は増やさないようにすることをおすすめします。

家を建てるとローンがあるので自制すると思いきや、ビッグバンがおこる可能性もあります。

ちなみに、sakuraは、実家に自分の部屋があって、家を建てたからと実家の部屋の物を全て持ち込んだらあっさりパンクしました(ToT)

今回はこのへんで。

sakuraでした(^^)

お読みいただきありがとうございました。

「ミニマリスト」ボタンの応援ポチしてもらえたら嬉しいです\(^-^)/

タイトルとURLをコピーしました