セミリタイア(早期退職)とお金

セミリタイア(早期退職)
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

僕は、テレビのニュース番組でやってる経済の情報や株価の上下などはよくわからない。

そんな僕がセミリタイア(早期退職)できた理由は何かというのを考えてみた。

スポンサーリンク

船長と漕ぎ手

僕は、たいていの人と同じように学校を卒業してからある会社に就職してサラリーマンになった。

船で例えると・・・。

どこに向かうか、どんなスピードで進むかなどを決めるのが社長や上司。

これをまとめて「船長」とします。

オールを漕いでたのが「漕ぎ手」である僕のような人。

僕の例で言うと、セミリタイアやFIREの情報本などに出会ったりして、会社という船のオールを漕いでることに疑問を持ったときに、「どうしたら良いのだろう?」と思いました。

僕の場合の理由は単純で、勤めてたブラック企業では定年まで勤めれないと思ったから。

そして、年齢的に再就職が無理だとか難しいとか言われてる年齢だったので、再就職をしない方向を考えた。

また、僕は資格も何も持ってないし、やってた仕事内容がほとんど頭を使わない体力仕事で、もし再就職したとしても勤めてた会社と大差ないブラック企業しかあり得ないと絶望したから。

要するに、僕はオールの漕ぎ手しかできないので、それをしなくて良い方法を考えたというわけです(^^)

セミリタイア(早期退職)の方法

上記のように船長と漕ぎ手の例で続けます。

漕ぎ手のやめ方は、単純に考えると船長クラス(社長や上司)を目指すこと。

または、オールから手を離して船を降りる(会社を辞める)こと。

でも、それが簡単にできないことが多いので、皆と同じようにオールを漕いでる状態で何ができるか?です。

ある人は、皆と同じように稼いだお金を必要以上に使わず貯めに貯めます。

ある人は、皆と同じように稼いだお金で株投資を始めたりします。

またある人は、副業として始めた何かに才能があって儲け始めたとします。

言い出せばキリがないですが、要するに「稼いだお金」が多かろうが少なかろうが、それをどうするかがセミリタイア(早期退職)を実現できるかのカギになるわけです。

いろんな情報があるので自分に合った方法を見つけるしかないです。

株投資が流行ってるように思う現在において、僕は株が全然わからないし、元本保証は絶対という考え方から抜けれないので、基本的には稼いだお金を貯めただけ。

その昔、節約してお金を貯めて大きな家を建てたという人をテレビで見たのが僕のセミリタイアのベースにある気がします。

僕は節約をすることで、小さな家を手に入れることとセミリタイアをすることを選んだのでした。

いつ辞めるか?

セミリタイア(早期退職)したいと思ってる人がいつ会社を辞めるかは人それぞれです。

僕の場合は、セミリタイアを目標にお金を貯めて年金がもらえる月数も考慮しつつでしたが、「これだけは貯めておきたい」という金額は約5年間をアルバイトもせずに無職で暮らせるくらいでした。

それを元に、僕が勤めてたブラック企業で何らかの限界がきたときに辞めると決めてました。

その「何らか」というのは、社長や上司からの僕に対する人格否定の言動だったり、同僚との不仲や後輩からの老害発言だったりでした。

ストレスの塵が積もって山となった頃には、塵のような小銭の節約も山になってた感じ。

辞める理由が見つからないで定年まで勤めれた人がいるなら、羨ましく思うというのが僕の本音です。

仕事や会社が楽しくて仕方ない人は、定年まで勤めれたらそんな幸せなことはないと思います(^^)