コーヒーの効能?!

クローバーを持つ女性の絵コラム
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

こんにちは、sakuraです。

今回はコーヒーのことです。

sakuraの家では毎日のようにコーヒーを飲みます。

朝、昼、晩、かまわずに飲みたくなったら飲んでるのです。

このコーヒーというものは、眠たいときの目覚まし的な役割とか、休日のおやつタイムに喫茶店に入ってケーキなどを食べながら飲んだり、家で同じように3時のおやつタイムに飲んだりすると思います。

sakuraも朝の目覚まし目的やおやつタイムのお供に飲みます。

さて、そんな目覚まし目的な気がするコーヒーですが、少し前にsakuraがお医者さんに診てもらうことがあったときにそこの看護師さんと世間話でコーヒーのことを話したことがありました。

そのときの会話は、コーヒーの種類とかのことではなく、「コーヒー飲むと眠くなりませんか?」というもの。

sakura的にコーヒーは《目覚まし》という先入観でいて、お薬で言うとプラシーボ効果みたいな思い込みでいたりします。

ちなみにプラシーボ効果とは、例えは風邪をひいてるAさんとBさんがいるとして、Aさんにはちゃんとした風邪薬を与え、Bさんには風邪薬と言いつつ何の効能もないラムネみたいなのを与えたとします。

Aさんはその薬で治るのはわかりそうなものですが、Bさんも思い込みみたいなのが功を奏して治ってしまった、みたいな。

プラシーボとはそんな感じだったはずです(^^)

そんなわけで、コーヒーは目覚まし効果があるというプラシーボ効果のように思ってたところ、その看護師さんはコーヒーを飲むと眠くなるとのことでした。

大した話ではないですが、そんな話を思い出したので書いてみました。

「コーヒー 眠くなる」で検索すると、結構、興味深い記事がヒットするので、もし眠くなると思ってる人がいたら検索して調べてみることをおすすめします。

車の運転とかで目覚ましのつもりでコーヒーを飲んで、いつも眠くなると思いつつ飲んでる人がいるかもしれませんので。

今回はこのへんで。

sakuraでした(^^)

お読みいただきありがとうございました。

「ミニマリスト」ボタンの応援ポチしてもらえたら嬉しいです\(^-^)/

タイトルとURLをコピーしました